集客効果が上がる! デジタルサイネージを導入する4つのメリット

デジタルサイネージとは動画を使った新しい形の看板型映像ソリューションです。
スーパーやショッピングモールなどの店頭で見かける機会も増えてきたデジタルサイネージですが、従来型の看板やポスターと比べてどのようなメリットがあるのでしょうか?
今回は、デジタルサイネージ導入のメリットについて解説します。

人の目につきやすく集客効果が高い

街はさまざまな看板やポスター広告であふれています。
どんなに広告デザインを工夫してもその他の広告の中に埋もれてしまえば集客効果は半減してしまうでしょう。
集客効果を上げるためにはデジタルサイネージが効果的です。

デジタルサイネージは、動画を用いた映像アピールによってライバル広告と明確に差別化することができます。
印象的な音楽や動画は通りすがりの人の目にもとまりやすく、高い集客効果が期待できます。

より多くの商品情報を伝えられる

看板やポスターに盛り込める情報量は物理的な大きさによって決まります。
大きい看板やポスターならそれだけ情報量を盛り込めますが掲示スペースには限りがあるため、サイズによって情報量に制限が発生してしまいます。
デジタルサイネージは動画だけで無く静止画を切り替えて表示することもできます。

そのため、ポスターや看板と同じ面積であっても、表示できる情報量は比較になりません。
限られたスペースでより多くの商品情報を伝えられますから、高い訴求力で多くの客を集められるのです。

情報更新の労力削減

z看板やポスターは一度掲示してしまうと簡単に情報を更新できません。
内容を刷新するためには古いものを外して新しいものに交換しなければならず、情報更新には多額のコストが発生してしまいます。
その点デジタルサイネージでは、必要なデータを入力するだけで情報更新ができるのでとても簡単ですしコストもかかりません。
日替わりメニューや今週の特売情報など鮮度が要求される情報にも対応できるので、タイムリーな情報提供にはうってつけです。

さらに便利なのが、デジタルサイネージを複数台運用しているケースです。
看板やポスターは設置している数だけ更新の手間がかかりますが、ネットワークに接続しているデジタルサイネージは、元になるデータを作成すればすべてのデジタルサイネージの情報を一括で更新できます。
離れたところに設置されていても問題なく更新できるため、グループやチェーン店のデジタルサイネージを本部で一括管理して運用することも可能です。

ターゲティング広告で訴求力アップ

ターゲティング広告で訴求力アップ

アピールする層を絞って広告展開することをターゲティング広告といいます。
看板やポスターは一度設置したらそのままですが、デジタルサイネージは時間帯に合わせて表示する情報を変更することができます。
日中はランチの情報を表示し夕方以降はお酒に合うメニューを表示することもできるので、時間帯ごとに異なるアピールするターゲットを変えることでより広告効率をさらに高めることができます。

デジタルサイネージは、時間や環境だけでなくターゲットに合わせてその都度内容を変えて情報を発信できる広告効果の高いものです。
看板やポスターで迷っている場合は、まずデジタルサイネージを検討してみてはいかがでしょうか?