結婚式をさらに盛り上げるデジタルサイネージ活用法

一生に一度の結婚式を忘れられない素敵な思い出にしたいと思っている方は少なくありません。
できるなら新郎新婦はもちろん、参加するゲストにとっても印象深い結婚式にしたいと思っている方におすすめしたいのがデジタルサイネージを利用した結婚式です。
今回は、結婚式を盛り上げるためのデジタルサイネージについてまとめました。

デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとはデジタル技術を活用した表示と通信による、プロジェクターや平面ディスプレイに映像や情報を映し出すことができるビジョン媒体を指します。
内蔵された記憶装置に多数の情報を記録することで、必要なときにすぐに反応して表示内容を変えたり動画を流すことができます。
他にもリアルタイムで操作したり情報を配信することができるため、見ている方の注目を集めるのに適した広告方法だと言われています。

結婚式のデジタルサイネージ

これまでコンサートやいろんなイベントで活用されてきたデジタルサイネージ。
最近では結婚式においても、その演出を利用する人が増えています。
例えばゲストを迎える際のウエルカムボードとして利用することがあります。
新郎新婦から参加者に向けた感謝の言葉や、結婚式や披露宴の流れを伝えるスケジュールボードの代わりにもなります。
また待合室の案内などに活用することができるなど、その利用法は多岐にわたります。

披露宴中にも利用可能

披露宴中には新郎新婦の生い立ちはもちろん、二人の出会いを再現した動画や参加者へのメッセージを映し出すこともできます。
また新郎新婦が映る動画を生中継することができます。
これまでキャンドルサービスやケーキカットといった演出の時、後ろのほうに座っているゲストは見えづらいといった不満を解消できます。デジタルサイネージを使えば会場全員がその様子を見ることができます。

また撮影したゲストの写真を大きなプロジェクターに映し出せば、全員参加型の結婚式を作ることができます。
その撮影方法もパネルの前に立ってジェスチャーをするだけという簡単かつ楽しいもので、結婚式が始まるまでの時間をゲストに楽しく過ごしてもらうことができます。

サプライズにも利用可能

サプライズにも利用可能

ゲストにあらかじめデータ保存された写真や動画を持ってきてもらい、それをプロジェクターに映し出せば全員で作るアルバムを作るのも簡単です。
新郎新婦に内緒にして当日流せば、ゲストからのきっと忘れられないサプライズプレゼントになることでしょう。

また式中にゲストから二人への質問やお祝いの言葉を動画で撮影し大きな画面に映し出せば、リアルタイムで二人への祝福を伝えられます。伝えたい思いや情報が瞬時に映し出せるデジタルサイネージで、式に一体感が出て盛り上がりも期待できるはずです。

デジタルサイネージにはさまざまな利用法があります。
デジタルサイネージを上手に使って、一生に一度の結婚式を盛り上げていきましょう。
新郎新婦だけでなくゲストにとっても一生忘れられない思い出になるはずですよ。

保存