ビジョントラック(アドトラック)を利用するメリット

広告看板や電光掲示板を積んで街中を走る「ビジョントラック(アドトラックとも)」。
そのようなトラックを見かけたことがあるという方も多いと思います。

ビジョントラックはどのような特徴を持っているのでしょうか。ここでは、ビジョントラックの概要をご紹介します。

ビジョントラックとは

「ビジョントラック(アドトラック)」とは、屋外で宣伝をすることができる車両のことを言います。
ビジョントラックは車両を用いるという特徴から、広告を一定の場所に固定することなく、いろいろな場所へ移動させることが可能です。
そのため、広告をよりたくさんの人に見てもらえるというメリットがあります。

また、ビジョントラックは歩行者や車のドライバーなどの目につきやすく、音声を流したり映像を流したりすることができるため、より人の記憶に残りやすい宣伝ができるというのもポイントです。
広告する商品・サービスの内容によって、購買層の多いエリアの中でルートを決めて走行します。
1日に同じルートを周回するので、場合によっては1日に数十万という人に広告を見てもらうことができます。

立て看板と比べると周辺環境の影響を受けにくく、人口の流入出が多いエリアであれば広告費を節約することも可能になる広告手段なのです。

ビジョントラックのルール

ビジョントラックを走行させる際には、いろいろなルールや規制があります。
ビジョントラックに関する規制や条例は、各地方自治体によってさまざまです。
なので、各地方自治体のルールに沿って広告掲載の許可を取る必要がでてきます。

たとえば、ビジョントラックは広告であるため、屋外広告物条例に従わなければいけません。

また、街中の景観を大切にしている地域の場合は、広告の許可のほかに、景観法や景観条例で規制されているエリアなどを把握しておく必要が出てくるでしょう。
景観法などで規制されているエリアは、広告物の掲載が禁止されていることがほとんどです。
きちんと把握してルート決定などをしなければならないので注意してください。

また、ビジョントラックには、夜中に広告面を発光させる「あんどんタイプ」のものもあり、光の強さも規制の対象になっています。
歩行者やドライバーの目をくらますほどの光を発しては歩行者に迷惑ですし、運転中のドライバーがハンドル操作を誤り思わぬ事故に発展する危険があるからです。

ほかにも、ビジョントラック走行中は動画を流してはいけない、あまりにも大きな音量で音楽を流さない、など、最低限知っておかなくてはいけないルールもあります。
ビジョントラックを利用する際はきちんと地域の条例などを確認しておくようにしましょう。

ビジョントラックの種類

ビジョントラックの種類

ビジョントラックにはいくつかの車種があります。

・ 荷台壁面掲載型
最も一般的なビジョントラック。
側面や背面を広告に使い走行するタイプです。

・ 広告ディスプレイ型
トラックの荷台に商品を載せて広告するタイプです。
商品のイメージや雰囲気をそのまま伝えることができます。

・ LED・液晶ビジョン搭載型
トラックの側面などに液晶ディスプレイを搭載して広告映像などを流すタイプです。
デジタルサイネージのように、画面の映像や画像を切り替えることが可能になります。

車種や車両の大きさによってビジョントラックの利用料金は異なります。
また、車両にデザイン施すデザインに対して費用がかかる場合も多いです。

利用する際は、自分たちが宣伝したい商品やサービスの特徴を明確にし、どのようなタイプやデザインが適当かどうかをきちんと把握しておくようにしましょう。

保存