ブランディングって何? 企業に欠かせないブランディングの重要性

企業は価格競争やサービス競争で生き残っていかなければいけません。
生き残るためには戦略をたてる必要がありますが、その際に重要になってくるのが企業のブランディングです。

ブランディングを行うことで、消費者に認知され、やがて企業の利益につながります。
ここでは企業のブランディングの重要性についてご紹介します。

ブランディングとは

企業におけるブランディングとは「証」や「代名詞」、または提供するものの「イメージ」を表しています。
簡単なもので言えばロゴやキャッチコピー、デザインなどもブランディングの一種です。
これらは「ある企業に対して、企業と消費者が共通のイメージ・目的を持つ」ことを狙っています。

ブランディングがもたらす消費者への効果

企業がブランディングすることで、商品のイメージを定着させたり、信頼や安心感を印象づけることができます。

1.目的を企業の商品と結びつける
たとえばマクドナルドの場合【マクドナルド=ハンバーガー】というブランディングができているため、「ハンバーガーを食べよう」と考えた際「ハンバーガーを食べに行く」ではなく「マクドナルドに行こう」と会話が出るようになります。
商品や社名が消費者の日常に結びついた代表例と言えるでしょう。

2.購入リスク軽減や品質の保証
数多くある商品の中で「どのメーカーが良いか」などと悩んだ際に、企業名や産地などによって安心や保証を意識づけるものです。
たとえば海外の知らないブランドと日本のブランドの電気製品が並んでいたとします。
このとき「日本製ならば大丈夫だろう」と多くの人が考えるでしょう。
これは、日本の電気メーカーが培った技術や信頼がブランディングに結びついた例と言えます。

3.ブランドイメージを自己表現の方法と結びつける
企業(ブランド)には個性や主張があります。これが消費者の主張や表現に結びつく場合があります。
たとえば「お金持ちに見られたい」と考えたとき、高価なバッグや時計などの貴金属を身につける人もいるでしょう。
そして、高価なバッグと言われたときにグッチやルイヴィトン、高価な時計と言われたときにロレックスやオメガなどを思い浮かべるでしょう。
これはそれぞれのメーカーが高価な商品であるとブランディングされている証拠です。

自己表現の方法には服装や道具などもあります。
無印良品では、デザインをシンプルにすることで、自然体であることや洗練された雰囲気の表現につながるようにブランディングされています。

ブランドコミュニケーションが大切

ブランドコミュニケーションが大切

ブランドコミュニケーションとは企業が伝えたいメッセージやイメージを消費者に届け、企業に対する好意や関心、ロイヤリティを高める活動のことです。
先の「日本製は安心」といった信頼や、「グッチやロレックスはお金持ちのアイテム」といった商品イメージなどは、ブランドコミュニケーションが成功している例と言えます。

現代では無数の商品が出回り、インターネットによって商品の細かい情報を取得しやすくなりました。
価格の違いも簡単に比較できるだけでなく、口コミによる意見も知ることができます。
この競争に勝つためにもブランドコミュニケーションを行い、好意的な口コミを得るためのファンを育てることが重要なのです。

企業が生き残るには、企業(ブランド)が消費者に好まれることが大切です。
そのためにはブランディングし、そのイメージ沿った商品を提供しなければいけません。

「○○なものならここ!」と消費者の生活に馴染ませるためには、ブランディングとブランドコミュニケーションを率先して行うことが最重要なのです。

保存