どう考えたらいい? 人目を引くキャッチコピーの書き方

広告を打つためには欠かせない文言であるキャッチコピー。
短い言葉で人の目を引き、心を掴むキャッチコピーは素晴らしいものですよね。
ここでは、人の心に届きやすいキャッチコピーを作る為の簡単なノウハウをご紹介します。

ターゲットを考える

商品には必ず訴求対象があります。それは個人であるのか企業であるのか。男性であるのか女性であるのか或いはその両方であるのか。
年齢層は20代なのか、30代なのか。経済的に余裕のある層を対象にしてるのか、そうでないのか。
そういった要素が重なり合うためターゲット対象は実にさまざまです。
そのターゲットに「この広告は自分に関係があるものだ」と思わせることが大切です。
「Webデザイナー必見!」や「春からの新入社員の方へ!」などの呼びかけ型のコピーです。

具体的な数字を使う

イメージを膨らませる美しい言葉が使えればいいのですが、それが難しい場合は逆に具体的な数字を使ってみるというのも有効な手段のひとつです。
よく見かけるのは「当社比〇倍」などというキャッチコピーです。
効果が明確に表示されているのでユーザーの気持ちに届きやすくなります。

心理学的効果を利用してみる

心理学的に人が気持ちを動かしやすいと言われている効果が幾つかあります。
それを誘発できる単語を選んだり、その手法を利用したりしてみましょう。 以下は主な心理効果になります。
・バンドワゴン効果:「今人気の」「注目を集めている」など
・スノップ効果:「完売必至」「残部僅少」など
・同調効果:「××の○割が使用」など
・権威への心理的服従:「歯科医が開発」「専門医が推薦」など
・シャルパンティエ効果:(分量を多く見せたい場合に)1kgではなく1000gと表記する。

沢山のアイデアを出す

どんなものでも構いません。思い付いた言葉をただ並べてみましょう。
ひとつのキャッチコピーを考える場合、300ほどの言葉を目で見て確認出来るように、紙に書き出してみると良いですよ。
300というと一見多く感じられますが、単語や類義語も含めると大した数ではありません。
それを並べ、組み替えているうちに新しいイメージが浮かんでくるかもしれません。
ブレインストーミングはとても大切です。

SEO対策を考える

SEO対策を考える

直接人の心に届くという訳ではありませんが、インターネット上で検索順位を上げるための対策も必要です。
キャッチコピーに入っている文言は検索されやすいため、サーチエンジンに拾われやすい単語をキャッチコピーに入れるというのもオススメです。

キャッチコピーを作成する上で、最強の切り札は「無料」です。
なかなか切れる手札ではありませんが、切ってしまえばとても強いカードとなりますよ。
「基本プレイ無料」などのソーシャルゲームが世に溢れているのはこれが理由でしょう。
今回ご紹介したポイントを参考にキャッチコピーを作ってみてはいかがでしょうか。

保存