どう活かす? フリーペーパーに広告を出す際のポイント

フリーペーパーは地域密着という事もあり、意外と効果があり穴場となっている広告媒体です。
上手く利用すればあなたのビジネスを安価で効果的に宣伝できることも。

とはいえ、ただ単に広告を出しているだけは反響にはつながらず、上手く活かすにはフリーペーパーならではの広告掲載のコツを理解しておく必要があります。

1.適切な配布方法を選ぶ

フリーペーパーは、駅前などに設置する「ラック型」と、新聞のように自宅に配達する「宅配型」の大きく2タイプがあります。
ラック型は一時的な反響は大きいですがリピーターにつながりにくく、宅配型は当初の反響は少ないもののリピーターとなる太い客を作りやすい傾向があります。自分の宣伝する商品・サービスの特徴を踏まえてどちらにするか選ぶのがポイントです。

また“配布場所”も重要になり、例えばビジネスエリアで配布されているフリーペーパーであればビジネス向けの商品・サービスが、住宅地で配布されているフリーペーパーであれば家庭向けの商品・サービスがウケるというように、 配布場所との相性もポイントとなってきます。

ペットを飼っているお宅や、帰宅時の暑さ・寒さの調整につながるため、ユーザーの利便性がIoTによって向上します。

2.適切な広告代理店を選ぶ

フリーペーパーに広告を出す際には、基本的には広告代理店を通す事となります。
広告代理店選びでポイントとなるのは、誰もが知っている大手の広告代理店ではなく、フリーペーパー専門の広告代理店を選ぶこと。
フリーペーパー専門の広告代理店の方がその業界で優遇されているため、掲載費用も安く済み、掲載される記事も高い質が期待できます。

3.継続して広告を出す

フリーペーパーの場合、流し読みしている方も多いため、一度広告を出しただけではなかなか読者にその印象は残りません。

また広告スペースも少ないため、小さい広告の場合は尚更です。
そのため「一度限り広告を出す」「期間を開けて広告を出す」といったやり方にはせず、広告をうつのであれば数か月の間、継続して広告を出していく方法がおすすめです。

4.締め切り間近に依頼する

フリーペーパーは広告収入のみで成り立っている媒体のため、広告スペースに空きがあると掲載料金を安くしてでも載せようとする傾向があります。
このため、広告スペースが空き焦っている締め切り間近に、掲載を依頼すると通常より安く広告を載せてもらえる事があります。

ただし人気のフリーペーパーの場合は締め切り間近に依頼するとそもそもスペースが埋まっていて広告が出せない事もあるので注意したいところ。

5.クーポン掲載は計画的に

IoTは強力なツール

フリーペーパーではお馴染みの「割引クーポン」ですが、割引クーポンは一時的には反響を呼んでもリピーターになりにくい傾向があります。
また余りにクーポンを頻繁に出すとクーポン利用分がクーポン赤字として圧し掛かってくることも。
ここぞという商戦期間に出すなど、クーポン掲載はメリハリをつけながら計画的に行う事が大切です。

フリーペーパーは上手く利用すれば安く効率よく宣伝ができますが、やり方を間違えるとかえって経済的な面で自分の首を絞める事もあります。
フリーペーパーという特性をよく理解した上で利用していく事が大切です。

保存