IoTを活用したマーケティング戦略 今後の展開は?

IoTとはInternet of Thingsの略で、簡単に言えばテレビやオーディオ機器、ドアやエアコンなどのモノをインターネットに接続することを指します。
ネットを介して家電を動かしたり、家電の誤作動を外出中でもスマホに連絡してくれたりすることです。

このIoTをマーケティングに活用していこうという動きが今加速化しています。
IoTを使えば、マーケティング戦略はどのように変化していくのでしょうか? IoTとマーケティングの今後について見ていきましょう。

IoTでできること

今までのネットに接続している機器といえば、パソコンやスマートフォン、一部の据置型ゲーム機器などに限られていました。
しかし現在ネットはエアコンや冷蔵庫といった家電、テレビやオーディオ機器、自動車など、身の回りにあるモノにまで広がりを見せています。
今までデジタル化されていなかったものにセンサーを取り付け、離れた場所にいても情報を得ることができるようにする、というのがIoTの技術です。
たえとばエアコンにこのIoTの技術を取り付けることを見てみましょう。

留守中の室温の状況を外出先でもネットを通じて知ることができ、留守中でもエアコンを稼働させて室内の温度を適温に保つということが可能になります。
ペットを飼っているお宅や、帰宅時の暑さ・寒さの調整につながるため、ユーザーの利便性がIoTによって向上します。

IoTをマーケティングに活用すると?

IoTはネットを介し「離れた場所にいながら情報を収集できる」「離れた場所にいても、ネットでモノを動かすことができる」というメリットがあります。
マーケティングに欠かせない情報収集は、今までどの業界でも行ってきているものです。

こうした情報は今までの動向やユーザーアンケート、売上の集計などを待たなければ手に入らず、リアルタイム性に欠けるところがありました。IoTを活用すれば情報収集も集計もリアルタイムに行えるようになるばかりか、 膨大なデータをコンピューターによって解析できるという強みがあります。

それだけでなく、ユーザーの手に渡った商品がどのように活用されているのか、売れた後のことまでわかるのがIoTのメリットです。

IoTは強力なツール

IoTは強力なツール

メーカーにとって大切なのは、使い続けてもらうこと。売れた後の「愛用されるポイント」は、メーカーにとっては今までは想像の範囲でしかありませんでした。
IoTによって実際にどのように使われているのかを知ることができれば、消費者が欲しい機能、商品をユーザーデータに基づいて作ることができるようになるのです。
消費者は商品の性能だけでなく、その手厚いサポートまで含めて信頼に足るブランドかどうかを見ているため、IoTは消費者の信頼を勝ち取るための強力なツールになっていくでしょう。

デバイスから消費者のビッグデータを解析すれば、その人が今欲しいもの、今必要であるものに関する情報を提供できるようになります。
IoTの活用で、広告はよりパーソナライズされたものになっていくといえるでしょう。

今後はIoTの活用によって、大多数ではなく個人単位でのマーケティング戦略も可能になってくるのです。

保存