車販売にデジタルサイネージを利用するメリット

多くの場所で目にすることが多くなったデジタルサイネージ。最近では自動車販売の場でも活用されることが多くなりました。
大きな買い物である自動車購入ですから、購入者も購入前にできるだけじっくりと検討したいことでしょう。

そのようなお客様のニーズに応えられるのがデジタルサイネージです。
購入時における大事なポイントをしっかりと提供することが可能になります。
ここでは、自動車業界がデジタルサイネージを利用することで得られるメリットをご紹介します。

デジタルサイネージのメリット

まず、デジタルサイネージが持っている一般的な効果についてご紹介しましょう。

・ 訴求力が強い
ポスターやパンフレットなどの静止画像を利用した広告よりも、動画を再生することができるデジタルサイネージは、提供できる情報量や、顧客への訴求力が強くなります。
また、映像の再生手法にもさまざまなものがあるので、顧客の注目を集めやすいという効果があります。

・ 入稿までの工程が少なくなる
ポスターやパンフレットの場合、原稿執筆、入稿、印刷などの工程を経なければなりません。
しかしデジタルサイネージであれば印刷等の工程が省略されるため、より短時間で広告を作成することができます。

・ ひとつのディスプレイで複数の広告
ポスターを貼った場合、そこから発信できる情報はたったひとつです。
複数の情報を提供するには、複数のポスターを同時に貼るなど、ある程度のスペースが必要になってきます。

しかし、デジタルサイネージは複数ある種類の動画を、同じディスプレイで順番に表示させることが可能です。
そのため少ないスペースで多くの情報を提供できるようになり、店内の省スペースを実現できます。

自動車販売におけるメリット

自動車販売におけるメリット

上記のように、いろいろなメリットのあるデジタルサイネージは、さまざまな業界で活用されています。
自動車販売業者にとっても、デジタルサイネージは非常に役立ちます。

・ 一番推している車種を大きく表示できる
大画面のディスプレイを利用することで、一押し車種を大きく表示させることができます。
その車種の魅力を、スタッフが説明せずともお客様に伝えることが可能です。

・ オプションなどの一覧や料金表などを表示できる
自動車にはいろいろなオプションをつけることができ、オプションの有無で料金が変わります。
オプションの一覧や料金表を表示させることで、よりスムーズに情報提供することが可能になります。

・ 商談の席に設置することで、より具体的に車種の魅力などを提示できる
店内の大型ディスプレイのほかに、商談席にデジタルモニターなどを置いておくことで、より細かな情報をスタッフの説明とともにお客様に提供できるようになります。
また、お客様の待ち時間にプロモーション映像を流すなどすれば、待っている間もお客様が退屈することがないでしょう。

・ 窓に大型モニターを設置し、店の外へ情報を提供する
国道沿いなどにある店舗であれば、店の外壁部分に大型モニターを設置することで、運転中のドライバーの皆様に対するアピールをすることができます。

現在、自動車販売業界でデジタルサイネージを活用しているケースが増えています。
自動車販売でデジタルサイネージを利用することには、ほかにもいろいろなメリットがあります。
自動車販売店を経営している方は、一度ぜひデジタルサイネージの導入を検討してみてください。

保存