軽視できない「アナログ広告」その種類と特徴は?

テレビやインターネット、デジタルサイネージなどさまざまなデジタル広告が一般化してきている現代ですが、逆にアナログでの広告の有用性も見直されてきています。
デジタル情報による集客が手軽で一般的になってきている今だからこそ、それらに重ねて旧来のアナログな方法による集客を行えばデジタルな情報による集客だけでは集めきれなかった客層にも情報をリーチできます。
いくつかのアナログ広告の媒体と、それぞれのメリットデメリットを改めてご紹介します。

ポスティングチラシ

各戸をまわり、家のポストに直接にチラシを投入するという広告方法です。

メリット:
地域に根差したローカルな情報を確実にユーザーの手元に届けられます。
また、配布の日時や配布エリアを絞れるので、店舗のオープンや新装開店、イベントなどに合わせた配布が可能です。

デメリット:
配布単位が戸単位であるため、ターゲットを細かく絞ることはできません。
またチラシを最初に閲覧するであろう主婦または家長が興味を持たない情報については、破棄されやすいというデメリットもあります。

新聞広告

新聞広告

その名の通り新聞の紙面に掲載する広告です。

メリット:
新聞の社会的地位はいまだ高く、新聞広告を出しているということ自体が企業のブランドイメージ確立に役立ってくれます。
読者数も多く、全国紙であれば数百万人の目に触れることができるのも大きなメリットです。

デメリット:
新聞の種類にもよりますがコストが高額になることが多く、手軽に出すことはできません。
基本的に新聞は当日しか閲覧されないものなので、単発の広告では継続的な宣伝効果を出すことが難しくなります。

交通広告

電車やバスの中吊り広告や駅の看板など、交通網の中で見かけることになる広告です。

メリット:
地域にもよりますが、閲覧者数がその他の広告に比べ圧倒的に多いことが最大のメリットです。大都市近郊であれば数千万人もの閲覧者がいるという計算になります。
また同一人物が複数回、複数日数に渡って閲覧することが多いため、情報のイメージがユーザーに残りやすいというメリットもあります。

デメリット:
都市部以外では情報の効果が薄く、また情報の提示から掲載までに時間がかかることや、訴求対象をほとんど選べないというデメリットもあります。

上記のほかにも、ダイレクトメールや展示会出展などといった広告方法があります。
どれも有用ですがそれぞれデメリットもあります。
さまざまな広告方法のメリットとデメリットを理解し、費用対効果の良い広告を打ってゆきたいものです。

保存