アパレル業界におけるデジタルサイネージ

街のいたるところで目にする機会が多くなったデジタルサイネージ。最近はアパレル業界でもデジタルサイネージを活用することが多くなってきました。
服装は視覚的に楽しむものですので、イメージを表示することができるデジタルサイネージは、ファッションを提供するアパレル業界に向いていると言えるでしょう。

ここでは、アパレル業界がデジタルサイネージを活用することで得られるメリットなどをご紹介します。

等身大のファッションモデルを表示できる

大型のディスプレイを導入することで、ファッションモデルを等身大で表示することができます。
ファッションは着心地のような実用的な面も重要ですが、場合によっては視覚的な美しさや面白さなどが優先されることがあるものです。

縦型のディスプレイを設置し、そこに商品の服を身にまとったモデルを表示させることで、マネキンでは表現しきれない服の魅力を表現することができるようになります。

また、大型のディスプレイに等身大のモデルを表示させられることで、店内の雰囲気を変えることが可能です。
ファッションショーの映像などを流せば、店内に華やかさを加えることができます。
華やかな世界であるアパレル業界にとってデジタルサイネージの持つ映像コンテンツは、販促はもちろん店内の雰囲気づくりにも効果的なのです。

ファッションに関する知識を提供できる

流行や、衣服のジャンルや着こなし術など、ファッション業界にはさまざまな知識や雑学があふれています。
それらの情報をデジタルサイネージで発信することで、お客様との情報共有が簡単になるのです。

いろいろな情報をお客様に提供することで、お客様はよりファッションに興味を持つようになります。
また、店内での誘導もより容易になるため、大きな販促効果を得ることができるでしょう。

デジタルサイネージはいろいろな演出ができる

デジタルサイネージはいろいろな演出ができる

視覚的にも、情報的にもより幅広く発信することができるデジタルサイネージは、演出方法がさまざまです。
ポスターやパンフレットでは、一度掲載、記載した写真や情報を変化させることができません。

しかし、デジタルサイネージでは、複数のディスプレイを組み合わせることで、より流動的で、躍動感のある映像を発信することができます。
例えばディスプレイを三つ並べて壁に配置し、そこにファッションモデルが歩く映像を流すことで、その衣服を着用して歩くイメージを、お客様がより具体的にイメージできるようになります。

実際に展示されている品物のショーケースとデジタルサイネージを組み合わせることで、お客様の興味をより強く引くことも可能です。
デジタルサイネージには、お客様の注目を引く効果もあると言えるでしょう。

華やかさや店内の雰囲気も重要になってくるアパレル業界にとって、デジタルサイネージの持つ効果は決して無視することができないものであると言えます。
アパレル店などを経営している方は一度ぜひ、デジタルサイネージの導入について検討してみてはいかがでしょうか。

保存